忍者ブログ
ジャンルを問わず、気になったことについてユルく書いてくブログです。ぱすたと稲の2人で記事投稿しています。

(当記事はアニメ「鬼斬」のネタバレを含みます。ご注意ください)






どうも、ぱすたです。


ついに始まりましたね。
いや、始まって”しまいましたね”

というわけで、アニメ「鬼斬」が4月6日から放送開始になりましたが、みなさんご覧になりましたか?


いやぁ、素晴らしいアニメでしたね!!

何が素晴らしいかって、

放送時間が僅か3分半(そのうちオープニングが1分なので実質2分半)という短さなので、内容がまったく面白くなくても、なんとか耐えて視聴できるという点でしょうね!



いやもうさ…


なにこのアニメ?




そりゃ放送開始前からわかってましたよ、こうなることくらい…

それにしても面白くない。全体的に寒い。


まず、第1話スタート早々に主人公一行はサタン3匹と戦闘の真っ最中。

原作プレイヤーであれば「おいおい、本編の大ボス、サタンがいきなり3匹も!?いきなりのクライマックスか?」というツッコミをしつつ見れますが、大部分のアニメ視聴者は鬼斬未プレイななので「え、急になにこれ、よくわかんない」と置いてけぼりにされます。


そして、次に登場人物たちが「誰がラストアタックをするのか」ということで揉めますが、これは「鬼斬」において「とどめを刺したプレイヤーは多めに経験値がもらえる」」というシステムに準拠したネタです。他のオンラインゲームでも同じような要素があると思うので、MMORPGやるような人ならわかる話ですが、これもいきなり感は否めません。


そして、初回唯一の男性の登場人物のジンに声が当てらておらず、テロップが出たシーン。


(ニコニコチャンネル 鬼斬 #1より)


寒いです。

ですが、実際にニコニコ動画のコメント欄を見る限りはぼちぼち受けてるみたいです。コメントの「w」が失笑じゃなければいいんですけどね。



さて、サタンの攻撃を受け、散り散りになる主人公たち。

場面は変わり、薩摩国に飛ばされた義経と静御前のシーンになります。

すると、辺境の地のただのあぜ道にもかかわらず大量のサタンがいるじゃありませんか。

え、敵のグラフィックを書くのめんどくさくて、もうモブ敵=サタンにしようとしてるのこれ?


そして、サタンの群れに対して「神喰い退治だ!」的なノリで突撃すると、なんか銃火器とか長ったらしい名前の呪文とか唱えて敵を一掃しようとする静御前。

そしたら、チートバグを利用した攻撃をしようとしてたことを運営に注意され、垢BAN(運営にアカウントを剥奪、 停止されること)されて第1話終了。


えーと…なにこのアニメ?(2回目)



ぶっちゃけ萌アニメとしても中途半端だし、ギャグアニメとしても滑りまくりだし、何がしたいのか全然わかんないよ!

どうせ萌え狙いなら、いっそもっとエロいアニメにしろよ!無駄に胸ばっか揺らしやがって!


それと、本編で登場する男キャラしっかり出せよ!

モモタロウとか、ミロクとか!イケメンだし、ちょっとBLっぽい雰囲気だせば、そっちの方向で人気出るかもしれないじゃねーかよ!!!

「※女性のみフルボイスです」じゃねーから!!!



鬼斬、前にYoutubeにアニメをアップしてたりしてたけどさ、



なんで、こういう風なアニメにしなかったの?

大体、ストーリーを売りにしてるゲームなのに、ストーリー性皆無のアニメやる意味分かんないんですけど!?







ちなみに、放送終了直後、ツイッターのアニメ公式アカウントが





「第1話はチートして垢BANになるという話でした。」


僅か24文字で1話を的確に要約していて、驚愕。

ていうか、24文字で説明しきれるアニメってなんなの…。


というわけで、1話を見る限りメタ要素強めなアニメになるようですね。
というか、今後もギャグはほとんどメタでいくんでしょう。

ノリでいえば、ハチャメチャで超短いギャグアニメ「てーきゅう」のような路線、もしくは鬼斬と兼ねてから交流のある「ミルキィ・ホームズ」みたいな感じですかね。ミルキィ声優起用しているし。


結構ボロクソに言いましたが、これはあくまで個人的な感想です。

見たら意外と面白いかもしれませんよ!私たち鬼斬プレイヤーは、鬼斬に対するひどい偏見があるので、どうしても寒いと感じてしまうということもありますし。

なので、気になる方はとりあえず第1話くらいは視聴してみてくださいね。

1話切りしてくださって結構ですので!




はぁ、2話は、1話より少しでも面白くなってたらいいな…



「鬼斬」はニコニコ動画で配信されていますので、未視聴のかたはこちらから↓





ニコニコで見ると、コメントがつくことでアニメが多少マシになっています。


オープニングの歌詞に合わせての、



「ご愁傷様(サービス終了)」なんていうポップながらも皮肉の効いたコメントや、





静御前のチートに対して運営からアナウンスされるシーンの、

 
(ニコニコチャンネル 鬼斬 #1より)

「サイバーステップがそんなに早く対応するわけないだろ!いい加減にしろ!」

とか、よくわかってらっしゃって、とてもいいですね。





しかし、怪我の功名とでも言うべきでしょうか。

先日に鬼斬の派生ゲーム「鬼斬 百鬼夜行」の電撃的にサービス終了が発表されたことが各所ニュースサイトで取り上げられた影響もあり、アニメを観たという視聴者が多かったと思います。

みんな勘違いして本編の「鬼斬」が終わったと思ってるみたいですね。

普通「百鬼夜行」なんていう派生ゲーム知らないから仕方ないね!!!


サービス終了のおかげでアニメが盛り上がる…なんだこの悲しい相乗効果。



いや、待てよ

実は、すべてサイバーステップの策略だったとしたら…?

そもそも、「百鬼夜行」はアニメの宣伝のために立ち上げたゲームで、アニメ放送開始に合わせて潰すことが決まってた…?

確かに、そう考えれば、あんな流行るはずも無い、採算取れるはずもないゲームを立ち上げた意味が…繋がる…!!


やっぱ、サイバーステップはすげぇや!!!!




ということにして、私は今後もサイバーステップを生暖かく見守ります。以上です。


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
[124]  [123]  [122]  [120]  [119]  [116]  [115]  [114]  [110]  [108]  [113]  [HOME]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ぱすた
性別:
非公開
自己紹介:





何かありましたらこちらまでご連絡を↓
ukashita◆gmail.com
※◆を@に変更してお送りください。





フリーエリア
最新コメント
[07/20 あいす]
[05/27 ぷにっこ]
[03/15 名無し]
[08/01 NONAME]
[02/22 NONAME]
カウンター
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 床下からごきげんよう. All Rights Reserved.