忍者ブログ
ジャンルを問わず、気になったことについてユルく書いてくブログです。ぱすたと稲の2人で記事投稿しています。




「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を観たんですよ。

今回の映画はアニメポケモンの20周年記念作品で、初代アニメ(以下、無印)第1話「ポケモンきみにきめた!」そのままのタイトル、ホウオウが神々しく輝くビジュアルポスターとあれば、もう観ないわけにはいかないですし。

ただ、正直今回のポケモン映画を観るかは少し迷いました。

私は未だに子どもの頃に見てきたポケモンに囚われてる亡霊ヲタク…。いつまでも美しい過去に囚われた哀しきポケヲタ…。やっぱり昔のポケモンには強いメッセージ性があって娯楽に留まらない作品だし、なのにしっかり子供向けで夢と希望に満ちてて、、笑って泣ける最高のアニメーションだし…。

なので、今回の映画にも戸惑いがあったわけです。予告映像が出た時点でいろいろ改変されていることについてはネットでも賛否両論。いかりやあばれるを繰り出すネット住民もいましたが、私としては、それ以上にサトシの20年間が安い感動物語に丸め込まれるのではないかという心配が拭えませんでした。上映時間たったの98分ですよ?1時間38分でどこまで描けるのか?

しかし、駄作なら駄作で、20年という節目で過去のポケモンに囚われる自分に引導を渡すいい機会になるのではと思い、意を決して劇場に行きました。



結論としましては、

精神が崩壊しました。

あまりに名作で。



今作は、ポケモン老害と化したすべての大人の心を呪縛から解き放つ救いの映画に間違いありません。懐かしいポケモンでありながら、まったく新しいポケモンであるという大傑作です。本当に、大きいお友達のみんな一刻も早く観に行って…。



さて、「キミにきめた!」では無印の1話をリメイクしたものから物語が始まります。明日10歳の誕生日を迎えるサトシがテレビで放送されているポケモンバトルに夢中な場面やら、翌日寝坊して研究所にパジャマで行くやらというところからですね。そして、サトシとピカチュウがオニスズメの大群を退け、ホウオウを目撃するシーンまで第1話をなぞるように進行していきます。

そこから今作のメイン伝説ポケモンであるホウオウに会うことを目指す物語へシフトしていくわけですが、そこからの名シーンの連続がとにかく凄い。ネタバレを避けて説明するのが非常に困難なのですが、多くの人にとって思い出深いエピソード群や、ポケモンらしさを象徴するような要素を全部盛りにしたような展開には否が応でも心を熱くさせられることでしょう。

もちろん、そんな美しき過去を再現するようなシーンがあるから良いわけではなく、今回の映画が「人間とポケモンの共存」という、本来ポケモンが持っていたテーマに立ち返っているというのがポイントです。それはまさにサトシとピカチュウの関係そのもので、そこに焦点をあて、2人の20年を改めて映画にしたことこそに意味があると思います。そして、そのテーマに紐付いて掲げられるもうひとつのテーマ「自己とはなんなのか」ということにも踏み込んでいる、まさに「ミュウツーの逆襲」の再来とも言える映画に仕上がっています。実際に映画の重要なシーンは恐らくミュウツーの逆襲のオマージュでしょうし、明らかに相当意識されているはずです。

最後の最後で決着をつけずに、あまりにも爽やかに話が終わるのも、サトシとピカチュウの永遠性が強調されているようで、視聴後の感覚としても良い余韻に包まれたのでよかったかなと思います。

言葉にするとチープになってしまいますが、本当に今作は全てのポケモンファンにとって、素晴らしい映画と言うほかないでしょう。これもひとえに、これまでポケモンに関わってきた多くのスタッフによる愛なのでしょうかね。

映画パンフレットによれば、今作は「リメイクではなく、リファイン(精製)」とのこと。より上質なものを求めて作り直された、新たなサトシの冒険譚なわけです。それは、大人に過去を懐かしんで欲しいという意味ではなく、新しい世代に向けて、サトシとピカチュウの始まりを、「アニメポケモンの持つメッセージ」を伝える意味合いなのかなと思います。

今作の映画によりアニメポケモンはある意味、総括されたのではないでしょうか。「私たちのポケモン」は終わりを告げ、ポケモンは中身を変えて新たな世代へと脈々と受け継がれていく、それを明確にした作品だと感じます。

アニメポケモンの偉大なる脚本家、首藤剛志さんがwebコラムで書いたポケモンに込めたメッセージが一部今作に反映されていることからも、そういった想いを感じざるを得ません。ぜひ映画を見る前でも後でも、目を通していただければより深く考えさせられるんじゃないかなと思います。有名なwebコラムですので、探せばすぐ出ますしね。


本当に、本当に素晴らしい映画でした。重要なところがサトシの精神世界(?)で進行するなど、やや抽象的な面があったり、20年間のアニポケ全部盛りだったり、一見すると物議をかもしそうなシーン(もちろん意味があってのシーンなのですが)があったりと、例年に比べれば子供向けではないないようではありますが、かえってそれがポケモンらしさなんじゃないかなと私は感じます。きっと、今この映画を観た子どもたちが10年後、20年後に「キミにきめた!」を思い出の作品として挙げるのかな、見返して泣くのかな、とそんな未来を想像してしまいます。私たちが今も「ミュウツーの逆襲」などの作品を大切にしているように。


というわけで、新たな世代へと無事ポケモンが引き継がれたところで、ようやく私も成仏できそうです。

ありがとう、ポケモン。キミと歩んだ20年間は本当に宝物だったよ…!

ポケモンアニメにさよならバイバイ!俺は現実の世界で強く生きる!!










まぁ、実は今、あまりに凄いもの見せつけられたショックでちょっと虚脱状態なんですけど。

脳裏からピカチュウが離れなくて、何をするにしてもピカピ…ピカピ…で…。

映画を観終わった後、勢いでエンディングテーマの林明日香「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」をiTunesで購入したのですが、もう聴くたびに泣いちゃう。ほんとマジで名曲過ぎてヤバいですよ。かつて「小さきもの」を歌唱した林明日香が歌っているというストーリー性もですが、とにかく曲がヤバい。あと、映画のエンドクレジットもやばかったので、その影響も大きいですね。観ればわかる。

そして、「めざせポケモンマスター」の20周年記年ver.もヤバいし、ついでに歴代のポケモン主題歌を聴き返しても泣けるし。とにかく、基本的に一日中むせび泣いてます。

それに、劇中のサトシとピカチュウのキラメキがヤバい

今作はサトシとピカチュウのイチャコラを見せつけられる映画と言っても過言ではないですからね(過言)

とにかく二人の絆が眩しくて、愛しくて、尊い…。私のように汚れた心を持つ大人になってしまったものには永遠に取り戻せない青春の輝きがそこにはありました。

もうさ…うん…まぁ、あれだ。


みんな、強く生きようね…!!(ピッピカチュウ!!)




終わり。








拍手[1回]

PR






この、おっさん声で喋るピカチュウは、なんなんだ…!?



というわけで、どうもぱすたです。

本来であれば2月のうちにアップするはずの記事を3月にアップするというグダグダぶりですが御許しを。



さて、上のムービーは皆さんご覧になりましたか?

これは1月末に発表され、2月3日に発売された任天堂のゲーム「名探偵ピカチュウ」の紹介ムービーです。

とにかくピカチュウがおっさん声で喋るという衝撃たるや!

そのインパクトで瞬く間に話題となりましたので、皆さんの記憶にも新しいと思います。

ピカチュウの声を担当されているのはアニメ「鋼の錬金術師」初代ロイ・マスタング役などで知られる大川透さん。

ダンディで渋い声が魅力的な大川さんですが、まさかピカチュウの声優に抜擢されることとなろうとは、ご本人も意外だったのではないでしょうか。

そんな声のインパクトに否が応でも引っ張られる本作。果たして内容はどうなのか?




購入したのでさくっとレビューしますが、正直、大多数のユーザーにとって1500円の価値はないと思う。(ゲームとして)



というのもですね、このゲーム、なんと非常に短くて、3~4時間程度でクリアできてしまう内容なんですよ。

しかも、ゲームクリアしても事件の真相は判明せず、「to be continue…」というアニメポケモン顔負けのエンディング!これは完全全に続編が予定されている終わり方です。

公式などに続編ありきのゲームという表記もないので、てっきり1作完結かと思いきや、これシリーズものなの!?と驚くこと間違いなし。

ストーリーも基本一本道であり、プレイは基本的に聞き込みをするパートが中心となります。名探偵、と冠しているが推理らしい推理もなく、アクション要素も少ないので、ちょっとガッカリです。




ただ、今作はゲームとしては肩透かしくらった感じがあるものの、高クオリティなオリジナルムービーとして考えればなかなかの作品。

美麗なグラフィックで描かれるポケモンたちの姿は、ポケモンたちがあたかも現実に存在しているかのよう。もし、ポケモンがいたら、こんな風に街に溶け込んでるんだろうなぁと想像が膨らみました。

ポケモンが本当に生きているかのような自然なモーションが楽しめるので、ポケモンが好きで、ポケモンたちが動いているのを見て楽しめるのであれば買いではあると思います。




というわけで、名探偵ピカチュウですが、今後、どのように続編が発表されるかわからないので、完結してからDLしても遅くはないと思いますね。

まさか4時間程度で終って、しかも続編へと続くとは思わなかったので、クリアしたときは「買って損した」と感じてしまいましたが、2月中の300円引きセール中に買えたので、まぁ、まだよかったかなといったところです。(2月3日~2月29日までは1200円で販売されてました)

800円~1000円くらいが妥当な値段じゃないかな、これ。

もちろん、今後の配信次第ではゲームとしての評価は変化しますし、第2弾を待つほかないでしょう。


気になる方はぜひ公式HPなどをご覧ください!


拍手[0回]




どうも、ぱすたです。

最近はあったかいんだか寒いんだかよくわかんない日が続いていますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

僕は寒くてやる気も起きないので、日が落ちるまで布団で寝続けるというゴミのような生活を送っています。

でも、そんな生活を続けているとなんだか気持ちが落ち込んできたので、これはマズいぞ!と思い、癒しを求めて今話題沸騰中のポケモンカフェへと行くことにしました。

◆Pokémon cafe Ω Ruby & α Sapphire(公式HP)



ポケモンカフェとは1月9日より渋谷パルコ7FのTHE GUEST cafe&dinerにて開催中のコラボカフェなんですが、ピカチュウをはじめとしたポケモンをモチーフにした限定メニューが提供されており、内装もポケモン仕様、このカフェだけの限定グッズも販売されるというポケモンファンなら必見の場所となっています。

これはとりあえず行くでしょ!去年の夏のピカチュウカフェとか、リラックマカフェとか、この間のぷよクエカフェとか、コラボカフェビジネスが乱発する現代に流されまくりな気もするけど、もうこうなったらとことん行くしかないでしょう!




ただ、行くにしても何も考えず行ってはいけない。何故なら「ポケモン」の「期間限定カフェ」が混雑しないわけがないからです!

Twitterを見てみてもそりゃもう連日ひどい混みようの様子。平日でもオープン前から行列ができ、オープンしてからも大行列、整理券は夕方ころには配布終了、3時間~5時間くらいの待ち時間は当たり前だとか。

見た感じだとすぐ入れる時間など皆無。これはもう朝早くから並ぶしかないでしょう。

朝8時から並んで最前列をゲットだぜ!みたいな呟きを目にしたので、8時~9時に行った人が最初の組になりそうですね。

別に最前を取る必要はないし、そもそもパルコが10時にならないとオープンしないので、あんまり早く行き過ぎるのも寒い外で待つ羽目になるし…といろいろ考えた結果、9時半に着くようにパルコへと向かうことにしました。



するとどうでしょう。




朝9時半にすでに20組ほどの列が!!

カフェは11時オープンですからね。そもそも、まだパルコ自体がオープンしてません。なのに結構並んでるじゃあないですか…。

この日はあいにくの雨で外も冷えていたので、これでもお客さんは少なめだと思われます。


でもまぁ、これなら11時まで1時間半待てばほぼ待ち時間なしで入れる範疇でしょう!思った通り、オープン後に何時間も待つより、朝早く来て1時間~2時間待ったほうがいいですね。


パルコが開くとカフェに並ぶためにエレベーターで6階へと向かうのですが、この時にスタッフとかが誘導してくれるわけではなく、列が崩れて順番があべこべになってしまうので、最前組はちょっと注意したほうがいいかもしれませんね。


階段で待ってる間にメニュー選び。オーダーをしてからの入店みたいですね。



メニューはピカチュウを模したオムライスやハンバーグなどのフードに、パンケーキやシュークリームなどのスイーツ、ポケモンでお馴染みのミックスオレやサイコソーダなどのドリンクなどがあります。



何を注文するかすごく悩みますね。

モンスターボールの柄が描かれたマグカップが貰えるオムライスかパンケーキにするか、お値段ちょっと控えめなハンバーグやパフェにするか。

というのも、やはり昨年夏のピカチュウカフェの思い出が…


そう、コラボカフェというのは見た目を楽しむものなのです。

しかし、あまりにもアレだとちょっと気が引けるというかなんというかね…。



さて、オープン間近となり店前まで列が進みました。



カフェ店員の格好をしたピカチュウがルビサファの御三家を接客してますね。かわいい。

手前のピカチュウが並んでるスペースがグッズ売り場で、カフェ限定のグッズだけでなくポケモンセンターなどで買う事のできるグッズも多数揃えられていました。

ちなみにグッズはカフェを利用しなくても買うことが出来るので、グッズだけ欲しいという方もぜひ足を運んでみてください。



限定グッズは大変好評なようで、ランチトートとペアグラスはすでに完売。グラスが欲しかったので無念…。僕はコットントートとクリアファイルだけ買いました。



そんなわけで、オープンと同時に入ることができましたよポケモンカフェ!

店にはまだ空席があったので、とりあえずパルコが開く10時までに行って並べば、ほぼ最初に入ることが出来そうです。

お客さんは女性が多そうな雰囲気でしたね。カップルか女性同士で来てる人が多めでした。やっぱりカフェだからかな?





席に着くと、程なくして料理が運ばれてきました。あらかじめ注文を取られてたわけですから、さすがに早いですね。

僕が悩んだ末に注文したのはこちら



ピカチュウの顔が愛らしいハンバーグ、そしてアイスカフェラテです。

どちらもピカチュウの顔が描かれていて可愛いですね!ハンバーグのほうはポロックをイメージした野菜と、チーズ、そしてパスタも添えられていて彩り豊か!

やっぱりコラボカフェの醍醐味はこうした見て楽しいコラボメニューにありますよね!そう、コラボカフェとは見て楽しむものなのです!

あ、アイスカフェラテかホットカフェラテを注文すると限定絵柄の可愛いコースターが貰えるので、それも要チェックですよ!僕は写真右下のような(見づらいですが…)青いカフェ店員服のピカチュウコースターを貰いました。


さて、見た目は楽しんだのでぼちぼち食していきましょうか。

今回の料理はどれほどの味なのか、というか、アイスカフェラテ…なのか?この黄色いのは…。

とまぁ、初見で思いましたが、上の黄色部分をスプーンですくって食べてみるとマンゴー風味のクリーム?になっていました。耳はチョコでコーティングされたウエハースですね。

そんでもって、このマンゴー風味クリームが甘さが下の苦いカフェラテと合っていてちょうどいいですね。これは予想よりも美味しくて良かったです。


そしてハンバーグのほうはどうだろうか。ピカチュウをナイフで一刀両断していただきます。



一口食べてみて思ったのですが、これは昨年のピカカフェに比べれば美味しいのでは!?


卵に包まれているのはハンバーグ、そしてポテトサラダですね。塩っ気が強めでまずまずのお味。コラボカフェであるということを考えれば、普通に美味しくいただけるレベルだと思います。

そもそもコラボカフェのものの味をどうこういうのがナンセンスかもしれませんが、昨年のものに比べると美味しかったので思わず書いちゃいました。てへぺろ。



そういうわけで、店内BGMのポケモンサウンドに耳を傾け、店内のピカチュウたちを見ながら楽しく食事をして、グッズを買い、ポケモンカフェを後にしたわけですが、なんだかんだやっぱりコラボカフェって楽しくていいですね!好きな作品でいっぱいの空間で、それをモチーフにしたご飯を食べると。同じ空間には同じくその作品を好きな人しかいないわけですし、なんだか居心地もいいですよね。

ポケモンカフェは2月末まで(詳しい日程は未定)開催されるとのことなので、気になる方はぜひ行ってみてください!


拍手[2回]


12月12日、池袋サンシャインシティ アルパ2Fに「ポケモンセンターメガトウキョー」がオープンしました


今回、池袋に新しくオープンしたポケモンセンターは1998年から続くポケモンセンタートウキョーの3代目の店舗となります。つまり浜松町から移転してでっかくリニューアルオープンってことですね。


2007年から営業を始めた浜松店は12月7日をもって営業を終了しており、「ポケセンといえば浜松」な僕はちょっと寂しくも思うのですが、まぁ移転しただけで無くなったわけじゃないですからね。


何より新しいものってワクワクしちゃいますよね。サンシャインシティの2階の下りエスカレーター横の一角に広く陣取った新たなポケモンセンター…いったいどんな店になっているのか、非常に気になります!それは僕だけに限らず大勢の人が同じ気持ちだったでしょう。

妖怪ウォッチ全盛のご時世とはいえ、さすがは天下のポケモン様です。オープン初日は衝撃的な人数が並んだようで、大変な話題になっていました。

というわけで、この波に乗るべく行ってきました池袋!


オープンから1週間ほど経ってから行ったので、そこまで大混雑はしてないだろうと思っていったのですが、






考えが甘かった…!!!



思えば、この日は週末…さらに、すでに世間では子供たちが冬休みに突入している…

しくじった…なんと店に入るだけで30~40分待ち。列は折り返しまくりで店の入り口は全然見えません。なんというメガ混雑…これにはたまらず出直しましたね。


この時が12時~13時だったんですが、日も暮れた夕方ごろに再び来店すると、それでもまだ入場制限はかかってたのですが10~15分待つだけで入ることが出来ました。





リザ―ドンに乗ったピカチュウがお出迎えしてくれました。かわいい。

店内は広めで、浜松町店より1.5倍くらいの規模があったんじゃないですかね。

人が多すぎて全然身動き取れなかったので、あんまり広さを感じることは出来ませんでしたが。



さて、このメガトウキョーで見逃すことが出来ないのが限定商品の存在。

今回のメガトウキョーのオープンを記念してポケモンセンター全店でメガキャンペーンを開催中。OUTDOORとコラボしたリュック・カバンや、ピカチュウ&リザードンのイラストをあしらった各種グッズ等々が販売されているのですが、中でも目玉なのがこれ!



これ!!ピカチュウがリザードンのフード付きポンチョ着てるんですよ!!

かわいすぎか!!かわいすぎなのか!!


このピカチュウは池袋のメガトウキョー店限定という事で飛ぶように売れているみたいですね。店内のほとんどの客は手に持っていて、棚は空っぽになっていました。

僕もとりあえず1個ゲットしまして、もうかわいすぎる。

ちなみに、お会計にも大行列が出来ていました。13か所あるレジはフル稼働で次々とお客さんを流していました。ここでも10分近く待ったんですけど、ちょっとエアコン効きすぎなのと人が多過ぎなので汗かいちゃいましたね。



そんなこんなで購入したのがこちら!↓




360度どこから見ても可愛い!!フード脱いでも可愛い!!

あぁ、かわいい、ピカチュウかわいい…





…あれ、このピカチュウ、公式の写真となんか違わない?




んー…?





ああああああああああああ!!!!目がキリっとしてない!!!!







よく見たら2バージョンあったのか…今気づいた。

キリッとしてるほうは限定で、キリっとしてないのは全国のポケセンでお求めできるのね…

くそう、なんか悔しい…。




でもまぁ、可愛いからいいか!可愛いは正義!





可愛いと言えば、限定ショッパーがこれまた可愛くてですね。



これ、かわいすぎる。これ持って電車乗ったら目の前にいた女性が「かわい~~」って小声で漏らしてた気がするもんね。それくらいかわいい。




あと、限定のポケモンカードも貰いました。可愛い。

このショッパーとカードが貰えるのは2015年1月16日までなので、欲しい人はぜひ忘れないうちにどうぞ!それにしても可愛いなまったく。

先から可愛いしか言ってないですね。この記事気持ち悪いな。


まぁ、その他にメガトウキョーでは限定の色違いリザードンとかの配信もしてたり、ポケモントレーナーの皆さんにも嬉しいことはあるんですけど、それは公式HPをご覧くださいって感じですね…(

僕が伝えたいのは何よりもピカ様の可愛さ。この記事で言いたいことはピカチュウはカワイイ、それだけ!本当にピカチュウはかわいい!ありがとうピカチュウ!



というわけで、そんなメガキャンペーンは来年以降も続くようで1月、2月と更なる新グッズやイベントが展開されるようなので、気になる方は随時公式HPをチェックして、実際に足を運んでみてください!


ポケットモンスター オフィシャルサイト(公式HP)


拍手[0回]




どうも、ぱすたです。

夏は準・引きこもりになっている僕ですが、いつものようにカーテンを閉め切った暗い部屋でネットサーフィンをしていた時にですね、ふと思ったんですよ。

このままでは夏の思い出が陰鬱なものになってしまう!




というわけで7月19日より六本木で開催されているPokemon the movie XV展へ行ってきました!


入り口でサトシとピカチュウが迎えてくれました。


このイベントは歴代ポケモン映画の原画や舞台資料、台本などが展示されている他、劇場版に使用されたCG技術の解説やその変遷などを見ることが出来るものとなっています。

そして、このイベントの目玉とも言えるのがこの展限定のピカチュウカフェ。ポケモンをモチーフにしたオリジナルメニューが味わえるとあってカフェには連日行列が出来ているみたいですね。ぱすたも列に並び待つこと数十分。カフェに入ることが出来ました。


フルーティーフロートを頼むとその色にちなんだポケモンの限定コースターがもらえます。これはブルーオレンジ味でコースターはケロマツ。





ピカチュウカレーにピカチュウバーガー。可愛いです。特にカレーは可愛い。


デザートのマンゴープリン。かわいいです。


あと、ちょうどご飯時の時間に行ったのでご飯ものを頼んだのですが、デザートのピカチュウの10まんボルトパフェがかわいくて気になりましたね。


その他、イベントのためにポケモンセンターが特別出展してまして、このXY展だけのアイテムも発売しているのでぜひチェックしてみてください。


それにしても場所が展望台の52階というとっても高い場所なので夜景がとてもきれい!



綺麗な景色を楽しみつつ、可愛いメニューを食べ、懐かしのポケモン映画資料にグッとくるというなんとも贅沢なイベントでした。ポケモン好きの方にはぜひ足を運んでいただきたいですね。



ただ、カフェメニューについて一つ言えば、可愛くて食べるのがもったいなくなっちゃうほど再現度が高いピカチュウはお見事なのですが、味について…。いや、これはあまり言及してはいけません。コンセプトカフェというのは見た目を楽しむものなのですから…

おや、こんな時間に誰か来たようd(記事はここで途切れている





拍手[0回]

[HOME]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ぱすた
性別:
非公開
自己紹介:





何かありましたらこちらまでご連絡を↓
ukashita◆gmail.com
※◆を@に変更してお送りください。





フリーエリア
最新コメント
[07/20 あいす]
[05/27 ぷにっこ]
[03/15 名無し]
[08/01 NONAME]
[02/22 NONAME]
カウンター
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 床下からごきげんよう. All Rights Reserved.