忍者ブログ
ジャンルを問わず、気になったことについてユルく書いてくブログです。ぱすたと稲の2人で記事投稿しています。

◎当ブログについて

当サイトは更新不定期、ジャンル問わず雑食なブログになる予定です。


★これまで床下で掲載してきたフリーゲームレビューをまとめたHPを作りました
床下収納 (2015/4/28)




にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

PCゲーム全般・攻略ブログ




  START 2013/12/23~

拍手[2回]

PR




「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」を観たんですよ。

今回の映画はアニメポケモンの20周年記念作品で、初代アニメ(以下、無印)第1話「ポケモンきみにきめた!」そのままのタイトル、ホウオウが神々しく輝くビジュアルポスターとあれば、もう観ないわけにはいかないですし。

ただ、正直今回のポケモン映画を観るかは少し迷いました。

私は未だに子どもの頃に見てきたポケモンに囚われてる亡霊ヲタク…。いつまでも美しい過去に囚われた哀しきポケヲタ…。やっぱり昔のポケモンには強いメッセージ性があって娯楽に留まらない作品だし、なのにしっかり子供向けで夢と希望に満ちてて、、笑って泣ける最高のアニメーションだし…。

なので、今回の映画にも戸惑いがあったわけです。予告映像が出た時点でいろいろ改変されていることについてはネットでも賛否両論。いかりやあばれるを繰り出すネット住民もいましたが、私としては、それ以上にサトシの20年間が安い感動物語に丸め込まれるのではないかという心配が拭えませんでした。上映時間たったの98分ですよ?1時間38分でどこまで描けるのか?

しかし、駄作なら駄作で、20年という節目で過去のポケモンに囚われる自分に引導を渡すいい機会になるのではと思い、意を決して劇場に行きました。



結論としましては、

精神が崩壊しました。

あまりに名作で。



今作は、ポケモン老害と化したすべての大人の心を呪縛から解き放つ救いの映画に間違いありません。懐かしいポケモンでありながら、まったく新しいポケモンであるという大傑作です。本当に、大きいお友達のみんな一刻も早く観に行って…。



さて、「キミにきめた!」では無印の1話をリメイクしたものから物語が始まります。明日10歳の誕生日を迎えるサトシがテレビで放送されているポケモンバトルに夢中な場面やら、翌日寝坊して研究所にパジャマで行くやらというところからですね。そして、サトシとピカチュウがオニスズメの大群を退け、ホウオウを目撃するシーンまで第1話をなぞるように進行していきます。

そこから今作のメイン伝説ポケモンであるホウオウに会うことを目指す物語へシフトしていくわけですが、そこからの名シーンの連続がとにかく凄い。ネタバレを避けて説明するのが非常に困難なのですが、多くの人にとって思い出深いエピソード群や、ポケモンらしさを象徴するような要素を全部盛りにしたような展開には否が応でも心を熱くさせられることでしょう。

もちろん、そんな美しき過去を再現するようなシーンがあるから良いわけではなく、今回の映画が「人間とポケモンの共存」という、本来ポケモンが持っていたテーマに立ち返っているというのがポイントです。それはまさにサトシとピカチュウの関係そのもので、そこに焦点をあて、2人の20年を改めて映画にしたことこそに意味があると思います。そして、そのテーマに紐付いて掲げられるもうひとつのテーマ「自己とはなんなのか」ということにも踏み込んでいる、まさに「ミュウツーの逆襲」の再来とも言える映画に仕上がっています。実際に映画の重要なシーンは恐らくミュウツーの逆襲のオマージュでしょうし、明らかに相当意識されているはずです。

最後の最後で決着をつけずに、あまりにも爽やかに話が終わるのも、サトシとピカチュウの永遠性が強調されているようで、視聴後の感覚としても良い余韻に包まれたのでよかったかなと思います。

言葉にするとチープになってしまいますが、本当に今作は全てのポケモンファンにとって、素晴らしい映画と言うほかないでしょう。これもひとえに、これまでポケモンに関わってきた多くのスタッフによる愛なのでしょうかね。

映画パンフレットによれば、今作は「リメイクではなく、リファイン(精製)」とのこと。より上質なものを求めて作り直された、新たなサトシの冒険譚なわけです。それは、大人に過去を懐かしんで欲しいという意味ではなく、新しい世代に向けて、サトシとピカチュウの始まりを、「アニメポケモンの持つメッセージ」を伝える意味合いなのかなと思います。

今作の映画によりアニメポケモンはある意味、総括されたのではないでしょうか。「私たちのポケモン」は終わりを告げ、ポケモンは中身を変えて新たな世代へと脈々と受け継がれていく、それを明確にした作品だと感じます。

アニメポケモンの偉大なる脚本家、首藤剛志さんがwebコラムで書いたポケモンに込めたメッセージが一部今作に反映されていることからも、そういった想いを感じざるを得ません。ぜひ映画を見る前でも後でも、目を通していただければより深く考えさせられるんじゃないかなと思います。有名なwebコラムですので、探せばすぐ出ますしね。


本当に、本当に素晴らしい映画でした。重要なところがサトシの精神世界(?)で進行するなど、やや抽象的な面があったり、20年間のアニポケ全部盛りだったり、一見すると物議をかもしそうなシーン(もちろん意味があってのシーンなのですが)があったりと、例年に比べれば子供向けではないないようではありますが、かえってそれがポケモンらしさなんじゃないかなと私は感じます。きっと、今この映画を観た子どもたちが10年後、20年後に「キミにきめた!」を思い出の作品として挙げるのかな、見返して泣くのかな、とそんな未来を想像してしまいます。私たちが今も「ミュウツーの逆襲」などの作品を大切にしているように。


というわけで、新たな世代へと無事ポケモンが引き継がれたところで、ようやく私も成仏できそうです。

ありがとう、ポケモン。キミと歩んだ20年間は本当に宝物だったよ…!

ポケモンアニメにさよならバイバイ!俺は現実の世界で強く生きる!!










まぁ、実は今、あまりに凄いもの見せつけられたショックでちょっと虚脱状態なんですけど。

脳裏からピカチュウが離れなくて、何をするにしてもピカピ…ピカピ…で…。

映画を観終わった後、勢いでエンディングテーマの林明日香「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」をiTunesで購入したのですが、もう聴くたびに泣いちゃう。ほんとマジで名曲過ぎてヤバいですよ。かつて「小さきもの」を歌唱した林明日香が歌っているというストーリー性もですが、とにかく曲がヤバい。あと、映画のエンドクレジットもやばかったので、その影響も大きいですね。観ればわかる。

そして、「めざせポケモンマスター」の20周年記年ver.もヤバいし、ついでに歴代のポケモン主題歌を聴き返しても泣けるし。とにかく、基本的に一日中むせび泣いてます。

それに、劇中のサトシとピカチュウのキラメキがヤバい

今作はサトシとピカチュウのイチャコラを見せつけられる映画と言っても過言ではないですからね(過言)

とにかく二人の絆が眩しくて、愛しくて、尊い…。私のように汚れた心を持つ大人になってしまったものには永遠に取り戻せない青春の輝きがそこにはありました。

もうさ…うん…まぁ、あれだ。


みんな、強く生きようね…!!(ピッピカチュウ!!)




終わり。








拍手[1回]


こんにちは、パスタです。

ここ最近は忙しくて、なんと4ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
毎日暇で暇でしょうがない人生が恋し…くもないですね。それはそれで辛い。

この4ヶ月何していたかと言えば、やってることはいつも通りでした。主に映画見たり、ダイスの神に切れたり、リラックマに貢いだりですね。人間ってのはそうすぐに変わるもんじゃないというのがよくわかります。

ほんとは映画の感想とかもちまちまアップしようと思ってたんですけど、後回し後回しになってしまい結局やっていないというやつです。そのうちアップします多分きっとおそらく…。

さて、それではなぜ今日久々に更新したかと言いますと、
たまには布教活動しないとなとね。

世の中の迷える子羊にリラックマという救いを与えるためにですよ。
きっとみんな毎日心挫けそうなはずですから、リラックマでヒーリングしていただきたい。

そのためにもみんなリラックマを毎日身に着けたらいいと思うんですよ。例えばほら、毎日必ず持ち歩くスマホカバーをリラックマにするとか?

※ここまで前フリでした(長い)



そんなわけで、オトナ女子のためにスタイリッシュでファッション性に富んだリラックマデザインを提案する「リラックマスタイル」から新製品のお知らせなんですよ。

昨年から始まったこの新ブランド、これまでも様々なアイテムが発売されていて、大人でも普段使いができるデザイン性が私の中では話題沸騰だったんですけど、この度、6月9日になんとも洒落乙なスマホケースが登場したんですよ。みなさんご存知でしたか?

私は前に使っていたデニム柄のリラックマスマホケース(これもかなりオシャレ)がだいぶくたびれて来ていたのでちょうど買い替えたかったんですよね~。ほんとナイスタイミング!

そういうわけで、買うっきゃねえ!ってことで、発売日してすぐリラックマストアに突撃してきました。



これこれ!!
ちなみに対応機種はiOS7、6s、6。

写真のは左2つが手帳タイプのもので、右2つがハードケースタイプのもの。それぞれカラーはブラウン、マーブル模様のあるライトブラウン、ブラック、ネイビーの4種類。表面にはリラックマの形をしたアンティーク調のメタルパーツがあり、さりげなく可愛さをアピールしています。

両方共とてもオシャレで持ちやすそうだったので、非常に悩みましたが、長年手帳型を愛用しているのので今回も手帳型にしました。



カラーは高級感溢れるネイビー!
うーん、パッケージからしてオシャレですよね!サンエックスさんわかってる~!

早速開封してみると、



これは良いものだ…


革製なので質感がいいのはもちろんのこと、凹凸のある表面で斜めにストライプ模様が入ってるのがまたオシャレ。先ほども書きましたが、右下にいるリラックマがさり気なくてやりすぎてないキュートさがちょうどいいです。

また、無駄のないスリムなデザインなのでスマホを持ち運ぶ際にかさばらないのも嬉しいです。スーツの胸ポケットにぴったり収まります。



裏返してみると左下の方にひょっこりとこちらを覗くリラックマの型押しも。





中はこんな感じ。

スマホをはめ込む部分ですが、留め具でカチッとはめたり、シールでくっつける従来のものと違い、スポッと包み込むような感じなので、留め具が折れるですとか、本体にベタつくということがないのが個人的にはポイント高いですね。

左にはカードが一枚入るカードケースがついているのも実用的。だららんとするリラックマの型押しがついているのがまた可愛い。

ちなみに、このカバーは磁石で開け閉めするタイプのものなので、カードケースには磁気に浴びせるとダメなカードは入れるのだけはご注意を。SUICAとかPASMOといったICカードを入れるのがちょうどいいかと思います。


というわけで、本当にただの商品紹介でした。

忙しい合間を縫っての久々の更新がこれですから、いかに相変わらず私がリラックマに狂っているかおわかりいただけたでしょうか。


このスマートフォンケースは全国のリラックマストア並びにグッズ取扱店、Amazonなんかでも販売しておりますので、みんなじゃんじゃん買えばいいと思います。


↑Amazonに飛びます。

ちなみに手帳タイプのほうがハードカバータイプより500円ほどお高いです。

拍手[0回]




どうも、ぱすたです。


昨年8月末に多くの人々を地獄に陥れたカービィカフェの裏側でひっそりと話題になっていたカフェがありました…それは、ナウでヤングなサブカルクソ野郎共にバカウケな漫画、ポプテピピックのコラボカフェです。

ポプテピピックといえば、サブカル女子や時事ネタをちょっとどうかしてるテイストで弄る作風がネットを中心にウケている漫画ですが、コラボカフェでもそのぶっ飛んだ内容そのまま、「サブカルクソ女パンケーキ」や「泥水」というあまりにもキャッチーなフードメニューが並ぶ、さすがと言わざるをえないクオリティでした。

残念ながら私はカービィカフェに行っていたので、ポプテピピックカフェには行けず、残念に思っていたのですが、なんとそんなポプテピピックカフェが再度登場、しかも東京は池袋・秋葉原の2箇所開催と、パワーアップして帰ってきたということで、今度こそはと思い、行ってきました。


今回私が足を運んだのはプリンセスカフェ秋葉原店で開催されているポプテピピックカフェ。

秋葉原駅から徒歩で、AKB劇場があるドンキホーテを過ぎた先にある雑居ビルの4階にあります。



このへんです(アバウト)


9時半から整理券配布とのことだったので、とりあえず9時に着くように行ってみたんですが、前に4人しか並んでおらず…。

開催初日2/18の様子をツイッターで確認したときも、確かにそんな混んでない感じでしたが、まさかここまで人が居ないとは。仮にも今話題の漫画のコラボカフェなんだけど…やっぱりサブカル界隈でバカウケしてるだけなのか…?




開催2日目でしたが、余裕の整理券5番。



10時の開店に合わせて店内へ。

中は特大パネルと、「このマンガがスゴイ2017 1位おめでとう!」の垂れ幕で飾られており、漫画の1コマが再現されていました。






席もアンチ&竹書房用と信者様用の2パターンが用意されていました。アンチと竹書房の関係者の皆さんはゴザ仕様のテーブルに、信者様は花柄のオシャレなクロスが引いてあるテーブルへ座りましょう。




店内モニターには漫画のコマや今回のコラボカフェのCMが映し出されていました。チープなBGMと時折挿入される爆発音が会場をなんともいえない空気感にしてました。




さて、肝心のメニューですが、今回驚いたのはこのメニューの価格の安さ!

大抵のコラボカフェはフードメニューが1200~1500円が相場ですが、なんとこのポプテピピックカフェは780円~980円のものが中心という良心的な価格設定。

この他、ドリンクメニューも多くありましたが、「SNSができなくなるドリンク」や「興味ない人向けラテアート」など、どれもが漫画の世界観を上手く再現していて、ここまでの感触は結構良さげです。漫画のイカれ具合とは裏腹に、カフェは意外とまともなのか!?

というわけで、注文したのはこの4品。


 
まず、前回のカフェでも存在感を放っていた看板商品「泥水」(コーヒー)




もはや、ラテアートと呼んでいいのか微妙な線の出来が笑いを誘う「興味な人向けラテアート」



ブルーベリーソースで毒々しさを演出した「毒ワッフル」



前回の「サブカルクソ女パンケーキ」がパワーアップ(?)した「サブカルクソ女スフレケーキ」


以上の4品を注文しました。


ちなみに、女性の店員さんに「泥水コーヒーと、サブカルクソ女スフレケーキを…」と注文したら、淡々と注文を復唱されて腹筋が崩壊しかけました。


見た目とネーミングはなかなかのクオリティですね!

特に、泥水の泥感がすごい!

上にチョコパウダー的なのがまぶされていますが、「え?鶏そぼろ?」と見間違うほど雑に振りかけられていて、なんとも不味そう!

一口飲んでみると、なんとも悪意のある濃さ!!普通に不味いです!!

でも、今回は不味いほうが再現度高いというミラクルなコラボカフェなので、これで正解だと思います。ポプテピピックカフェすごい。

「興味ない人向けラテアート」は名前とビジュアルの時点でオチているので味は不問。一応、普通に飲めるカフェラテでした。


問題は「サブカルクソ女スフレケーキ」ですよ。

このなんの飾り気もないただのスフレケーキ。ただただ甘くて、無駄にボリュームもあるのが非常に如何ともしがたい…。いや、味はただ甘いので別に食べられなくないのですが、ほんと純粋に美味しくないです。

しかし、美味しくないほうがポプテピピックらしいという…なんか役得なカフェだな!


というわけで、ポプテピピックカフェでしたが、味は不味くて正解という新感覚コラボカフェでした。世界観の再現度は高いので、漫画原作を読んだことがあれば十分楽しめるかと。

私はすごく楽しかったです。ポプテピピックカフェ最高!!









このポプテピピックカフェは3月16日まで開催されていますから、春休みを持て余しているサブカルクソ大学生とかにぴったりなんじゃないでしょうか。

開催場所は東京は池袋・秋葉原の2ヶ所。他、全国各地のプリンセスカフェで行われていますので、詳細は公式HPを御覧ください。

また、昨年東京で開かれたポプテピピックショップが現在名古屋で行われていますので、お近くの方はそちらもチェックしてみてください。

◆プリンセスカフェ(公式HP)





拍手[0回]




みなさん、お久しぶりです。ぱすたです。

そして、あけましておめでとうございます(すでに2月)



いやぁ、気づけば昨年9月から一切更新していなかったという…なんとなーく忙しい日が続いてすっかりブログに手を付けれずにいました。ツイッターではぼちぼち呟いてたのですが。

さて、私は年も変わりましたが、相変わらず本を読み、映画を観て、イベントに行くといったようなだらだらお気楽人生でございます。

ほんとなら昨年もいろいろと記事にしたいことがあったのですけど、もう時間も経ってしまったので、それらは何かの機会があれば供養がてら記事にいたしますね。


本日は、昨年日本にのみならず世界規模で一大旋風を巻き起こした映画「君の名は。」のコラボカフェに行ってきたときの様子をお送りします。

「君の名は。」のコラボカフェが今年の1月7日から池袋PARCOで開催されているとの情報をキャッチし、これだけ話題の映画作品のコラボカフェとあれば、その内容にも期待が出来そうということでコラボカフェハンター(笑)のぱすたとしては行かなければというわけで、池袋まで行ってきました。

ちなみに、「君の名は。」については公開してすぐ観に行ってたので予習はばっちり。一体どんなコラボメニューが出迎えてくれるのか…そんな期待を胸に、カフェが10時オープンのところ、9時に現地到着いたしました。



※池袋PARCO前


オープン1時間前にして、大体前方に60人くらいの列が形成されていまして、行った日が平日だったとはいえ、さすがに1時間前じゃあ第一波にはなれなさそうな感じ。場所が池袋駅のど真ん前ということもあって通行人も多く、「なんの列?」と列をちら見しながら行く人もちらほら。

並んでる層としては若い子ばかりで、コラボカフェに慣れていないライト層も多そうな雰囲気で、「うわー!結構並んでるよー!」なんて言ってる人もいたんですが、それを聞いて個人的には、これ全然並んでないから!初日のカービィカフェ見て!!なんて思ってました。

ツイッターを見る限りだと、先頭でも8時過ぎに到着した方っぽかったので、「君の名は。」カフェでは、どうやら始発で早朝ダッシュをキメるようなガチ勢はそんなにいなさそうな感じです。まぁ、私が行ったときにはすでに2月だったので、そんなに混まなかったのかもしれません。初日とかはガチ勢がいたことでしょう、多分。

そんなわけで、10時になりPARCO内に入場。階段で待機して整理券の配布を待ちます。少しして係員の方から受け取った整理券番号は40番台。カフェに入れるのは12時~13時頃とのことでした。

ポケモンやカービィといった死地をくぐり抜けた(時に敗走した)私的には「なーんだ、君の名は。カフェは余裕綽々だな」と感じましたね!開店までたった1時間並ぶだけで、その2時間後にはご飯が食べられる!全然余裕!

しかし、10時の開店に合わせて来た人たちはそんなに余裕でもなかったようですが。10時の時点で整理券は100番を軽く越え、待ち時間は最大5時間半となっていました。待ち時間を最小限に抑えるためにも、1時間でいいから早く来たほうが得策でしたね。その後、整理券の配布は11時20分ころに終了。やはり君の名は。は侮りがたし。


整理券システムのEPARKさんからメールを貰うまで適当に時間を潰し、12時頃再びPARCOへ。入場を待つ間、階段でメニューを渡され、注文を取られました。



追加注文は出来ず、この場ですべて決めるタイプのやつでした。


そして、いよいよカフェ入店。




カフェ外観。

カフェの壁には映画の場面のパネルが飾られ、映画本編を映すスクリーンも設置。店内では「なんでもないや」や「前前前世」といったRADWIMPSの楽曲がかかっていました。

フードメニューを注文するとオリジナルの紙製ランチョンマットが、ドリンクメニュー注文でコースターをもらえます。コラボカフェのお約束ですね。



先に出てきたドリンク。左は彗星が降る夜空の様子を表現したドリンク。中身はゼリー、上にあるピンクのはアイスです。




これはランチョンマット。右にあるのは入店時に配布されるメッセージカードで、退店時にレジで回収されます。書いたものはカフェ前のボードに貼り出されるようで、これは日替わりなので、書けばもしかしたらそのうち貼られるかもしれませんね。


さて、本日の要。フードメニューの登場です。



瀧くん(中身は三ツ葉)が屋上で食べたたまごパンと、コロッケサンド。



糸守湖をイメージしたパンシチュー。左に見えるカップに入ったシチューをパンの器に入れて食べます。



瀧くん(中身は三ツ葉)がシャレオツなカフェで食べたパンケーキ。映画で三ツ葉が感動していたスイーツですが、そのシーンをイメージしたスマホ風モナカが上に乗っています。


どれも、ビジュアル面では映画のシーンをよく表現していていいですね。コラボカフェらしい、気合の入ったメニューだと思います。

そして、お味なんですけど…。

私は常々「コラボカフェとは見た目を楽しむもの」だと言ってきました。味は二の次。

なので、今回も正直そんなに期待してませんでした。期待してませんでしたが…



なにこれ!?めっちゃ美味しい!?



驚きですよ、驚き!コラボカフェなのに飯が美味い!!


とりあえず上の3つに関しては普通に美味しくいただけました!

特にパンシチューなんてシチューの塩加減がちょうど良くてパンとマッチしてますし、ショートパスタもパンの器に入っていてそこそこボリュームもあり、満足感◎。

パンケーキに至っては本当にパンケーキでびっくり。実は今回のコラボカフェの運営が以前にポケモンカフェでパンケーキという名の小麦粉煎餅を提供していたところと同じだったので、メニューを見ても「※写真はイメージです」かな~と思っていたので、メニューの写真通りやないかーい!と驚きましたよ。

これまで、コラボカフェのフードメニューを「コラボカフェにしては普通に食べられる」とか微妙なニュアンスで褒めてきましたが、今回は言えます。

料理が美味しい!

ちゃんと映画にちなんでるし、味も良い。これは毎度美味しい料理を提供してくれるタワレコ×リラックマのコラボカフェに匹敵するクオリティですよ!

いやぁ、感動しました!なんなら映画本編よりも感動しました!!

ありがとう、新海誠監督!!!



はい、そんなわけで、「君の名は。」カフェのレポでしたが、「君の名は。」ファンはもちろん、コラボカフェの料理のクオリティにご不満の皆様もぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか、ということで締めさせて頂きます。

東京会場は本日を含め明日までの残り2日間と、もう日にちがないのですが、名古屋でも今回のカフェは開催されおり、そちらは4月3日までとなっています。気になる方は春休みに行ってみてもいいかもしれませんね。

また、グッズショップも開催されており、東京・名古屋のほかに、広島・福岡・大阪・仙台で展開されているとのことなので、これも合わせてチェックしてみては。ただ、売り切れ商品も非常に多くなっているので、公式ツイッター等で最新情報を見たほうがいいかもしれません。


君の名は。カフェ@池袋パルコ 公式HP






ちなみに、この君の名は。カフェが終わった後、同場所にて入れ替わりで開催される次なるコラボカフェはテニスの王子様だとか…爆笑必至のカフェに違いない…行かなきゃ…

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [HOME]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ぱすた
性別:
非公開
自己紹介:





何かありましたらこちらまでご連絡を↓
ukashita◆gmail.com
※◆を@に変更してお送りください。





フリーエリア
最新コメント
[07/20 あいす]
[05/27 ぷにっこ]
[03/15 名無し]
[08/01 NONAME]
[02/22 NONAME]
カウンター
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 床下からごきげんよう. All Rights Reserved.