忍者ブログ
ジャンルを問わず、気になったことについてユルく書いてくブログです。ぱすたと稲の2人で記事投稿しています。


どうも、ぱすたです。


本日紹介するのはこちらのゲームです↓





【狂い月:制作者、3色ぱん様:ダウンロード




月の光に狂わされたのは…




普段と変わらない高校生活を送る主人公は幼馴染みの誘いで
部活動に参加する予定だった。

だが、クラスメイトが持ちかけた≪幽霊屋敷≫の噂話に巻き込まれ、
4人のクラスメイトと共に屋敷へと足を踏み入れる。

その場所に秘められた真実も知らずに――
(ふりーむ!紹介文より引用)





あらすじは上述の引用の通り。
呪われた屋敷へと足を踏み入れた主人公が、そこからの脱出を目指すゲームとなります。

まだ2016年が始まって3か月程度ですが、さっそく傑作と出会ってしまいました。

結論から言いますと、今作はかなりのクオリティを誇る作品です!

グラフィック、ゲーム中のギミック、ストーリー構成など、すべての点で高い水準を満たしたホラーADVでした。細部の演出まで気が行き届いていてゲームに引き込まれました。とにかく素晴らしいの一言に尽きます。


では、もう少し具体的に内容に触れていきます。

まず目を引くのがゲームの顔となるタイトル画面、及びオープニングムービーです。

一目瞭然ですが、綺麗なグラフィックですよね。

フリーゲームはイラストのクオリティでだいぶ印象が変わりますからね。絵を見て思わずダウンロードしてしまった方も多いのではないでしょうか。


ただ、このゲームは表面だけ美人なわけではありません。

「謎解きサスペンスホラー」と銘打つだけあって、謎解き部分にも趣向が凝らされています。

単調な数字の暗号やなぞなぞにとどまらないオリジナリティある仕掛けがあって新鮮な気持ちでプレイ出来ました。特に防火扉の仕掛けは緊張感もあり、なかなかスリリングでした。

また、探索パートが現実の時間とリンクしているのも新しかったですね。

よく「最初に30分与えられて移動ごとに5分減る(実質6回移動可能)」みたいな時間制限があるゲームはありますが、このゲームでは序盤の探索パートの制限時間がリアルタイムでカウントされていく仕組みとなっています。これは何気に斬新ですよ。

別行動するクラスメイトとメモを通じてやり取りするという展開も他ではあまり見ないものでよかったです。


ストーリー展開が秀逸で、話に飽きずに最後まで読み進められたのは個人的に高評価。
脅かし要素もちゃんと怖がらせてくれましたし、まさにホラーADVといったところ。

呪いの発端となった御影氏、次に屋敷にやってきたモンレオーネ氏、そして現在の所有者である速水氏という3つの世帯、そして記憶を失っている主人公の4つの背景を上手く織り交ぜて立体感のある展開にしていたのがよかったと思います。

見せ場も多くあり、ビジュアル面でも怖い&面白い展開が続くのも好きですね。

オチも見事な決まりようで恐れ入りました。


これは今年度最優秀作品のひとつに名を連ねること間違いなしのゲームですよ!

ふりーむ!ダウンロードランキングではすでに1か月以上に渡って上位をキープしているので、チェック済みの方も多いと思いますが、まだ未プレイ、もしくは未クリアであれば、ぜひ最後までプレイしていただきたい作品です。


拍手[2回]

PR




どうも、ぱすたです。


フリーゲームレビューを掲載するのはなんと昨年9月ぶりとなってしまいました。

一応、ちびちびプレイはしているのですが、如何せん遅筆なもので機会を逃していたらこんなことに…。

でも、2月は目を引くゲームが結構あったので、久々にフリゲに対するモチベ上がり気味なのでぼちぼちレビューを投稿していきたいと思います。

本日はこちらのゲーム↓



 
【memento:制作者、にくさま:ダウンロード




一体、彼女の身に何が起きたのか…?



主人公がある部屋で目覚めると、目の前には女の子の死体があった。

記憶を失っている主人公は何故自分がこの部屋にいるのか、そして部屋の主であると思われる女の子が殺されているのか見当が付かない。

しかし、このままで自分が犯人にされてしまうと危惧し、彼女の死の真相の突き止めるべく、手がかりを探すことにするのであった…


というのが、本作のあらすじです。



記憶喪失の主人公が犯人扱いを逃れるために事件の真相を探るのがゲームの目的となります。

探索範囲は最初に目覚めたワンルームと限られた範囲である、所謂箱庭ゲームなのですが、このゲームの肝は同部屋の過去に遡って手がかりを集めるところにあります。

その部屋には何故かタイムマシンが置いてあり、それを利用することによって主人公はその部屋の過去の時間へと移動することができるのです。

タイムマシンを利用し、それぞれの時間の同じ部屋を探索し、そこで得られたヒントを繋げていって真実を突き止めるというゲームシステムは新しく、興味深かったです。

それだけに惜しい部分もあるのですが。

気になる場所をクリックでチェックするとき、結構な頻度でクリックが定まらず別の場所が反応することがあるなど、操作性がイマイチだったのと、ストーリーが腑に落ちないのが難点でしょうか。

彼女の死の真相は置いといて、さすがに警察があの手がかりと供述で納得するのはザル過ぎやしないかと。若干、オチが投げっぱなしな印象を受けました。

システムなど、目新しさが感じられよかったので、次回作ではそういった面を生かしつつ、よりよいゲームになっていることに期待しています。






拍手[0回]





どうも、ぱすたです。


本日紹介するゲームはこちら↓



【対象:制作者、バナナくえない様:ダウンロード15禁


今作はとある村の地主の家に代々伝えられてきた呪いを追う土俗ホラーノベル。

全4章構成ではありますが、1章~3章までは過去の物語であり、4章からが本編といったところでしょうか。4章からは選択肢も登場し、プレイヤーは主人公たちをバッドエンドに導かないように分岐を選び、呪いの真相へと近付いていくことになります。

土俗ホラーノベルということですが、内容は少々ベタながらも安定した内容だったと思います。

呪いの背景がわかる序盤の章ががやや急ぎ足でちょっと置いてけぼりを食らった気持ちにもなりましたが、後半は雰囲気もあってなかなか怖さを与えてくれました。

ただ、今作は15禁ということなので、どうせならもうちょっと呪いの恐ろしさがよくわかるような、ショッキングな展開があってもよかったかもしれませんね。



主な登場人物は主人公・従妹・幼馴染の3人なのですが、それぞれ役割分担がしっかりされていてよかったです。

しかし、もうちょっとこの3人を掘り下げてもよかったかなとも思います。

幼馴染で、寺の息子である春道に関してはその人物像を補完するエピソードがあるのですが、他2人にまつわるエピソードがあまりないので、やや物足りない気分に。

例えば、ヒロインの七弦の過去のトラウマは結局どうなったのか、など。

ストーリーを読み終わった後、どうにも薄味だったような気がしてしまったので、もう少し心理描写があればより感情移入も出来たかなと感じました。

それでもきちんとオチのついた話であり、モヤモヤした気持ちにはならないので、なんか鬱々とした作品は嫌!という方にも安心して楽しんでいただけるのではないでしょうか。

絵柄は可愛らしいものですが、ホラーの雰囲気を損なわないものだったので良かったと思います。



というわけで、スッキリ読めるシンプルなホラー作品でした。

やっぱり和ホラーといえば土俗ものですよね!

拍手[0回]





稲とパスタがフリーゲームをさくさくっと連続レビューしていきます。

今回のラインナップはこちら↓

◆牢-RAW-
◆消えうさ
◆朝焼けのブルーⅡ
◆夏の日の幽淫
◆ラザラスの贄











【牢-RAW-:制作者、カッパ永久寺様:ダウンロード 

主人公と妹が自分の家(庭含む)から出られなくなる話。
説明欄にあるように、14つのエンディングがあって結構すぐ死ぬ。準備をしないと即死イベント直行だったりする。妹もイベントで死ぬことがある。
キャラクターとしては、主人公のシスコンが行き過ぎていてちょっと気持ち悪い。気持ち悪いけど、お兄ちゃんなので妹を安心させようとする行動力は冒頭のズボラ加減からは考えられないくらい頼りになった。妹の兄に対する反応はかわいらしくて面白かった。
ストーリーに関しては「今更かい」となり、父親は杜撰だし、祖父さん自分で処理しろと思った。この家族はしょうもない男性が多いみたいだ。
謎解きは発想や順番が大事だった。一回はまると抜け出せないのでトライ&エラーが大事なゲームだった。(稲)






【消えうさ:制作者、画用紙様:ダウンロード

妙に達観したようじょと、そんなようじょを狙う怪しい男”ざいじょいん”のふれあいを描いたハートウォーミング(?)なストーリーのノベルゲーム。ゆるーい絵柄と気の抜けたテキストがよくマッチしています。年相応じゃないようじょのセリフ回し、キャラクター同士のテンポの良い会話が楽しかったです。5~10分ほどでプレイできる手軽さがちょうどいい作品だと思いました。少しクスリとしたいなと思ったときにプレイするといいでしょう。僕としては面白かったのでもう少しくらい先の展開まで読みたいなと思いましたね。「消えうさ2」に期待しています。(ぱすた)






【朝焼けのブルーⅡ:制作者、君の音。様:ダウンロード 

約3年の時を経て制作された続編。自分と周りとの”ずれ”を自覚している少年、祐(たすく)と海小屋にいる青年の心の交流を中心に描いた一本道ノベル。ストーリーは基本的に主人公視点で、登場人物たちの心理描写をメインに切ない雰囲気で展開されていきます。このゲームで特筆すべきはBGMがすべて作者による生演奏のピアノであるということでしょう。美しいピアノの旋律がゲームの雰囲気を決定づけています。使われている背景素材などもイメージが統一されており、世界観がしっかり構築されていて良かったです。文章は凝った内容であるとは言い難いですが、雰囲気のあるノベルゲームが好きな方にはオススメです。ただ、前作をプレイしていないと理解が出来ない内容なので、ぜひ前作もプレイしてみてください。
それにしても、BGMがほんと良くて、文章読まないでもBGMだけ流したいくらいです。嬉しいことにこのゲームにはサウンドテストがついていて、いつでも聴きたい劇中曲を聴けるのでそちらも必聴ですよ!(ぱすた)






【夏の日の幽淫:制作者、神波裕太様:ダウンロード <18禁>

「たぶんおそらくきっと」の神波裕太さんの新作「夏の日の幽淫」プレイ。同氏初の18禁サイコホラーノベルということで、いったいどんな狂気が見れるのか期待したのですが、そんなにサイコでもホラーでもなく、実際のところはほのぼのエロゲーでした。まぁ、終わってみれば、エンディングによっては結構狂気的だったかなと思う部分もありましたかね。むしろ、イレギュラーなシチュエーションにおいて主人公が異様にほのぼのしているのが狂気だったと言うべきか。そういうわけでちょっと肩透かしをくらったかなと思いましたが、やはり神波さんというべきか、読ませる文章だったのでスルスルと読むことが出来ました。あとがきを読むと「黒先輩」や「深夜12時学校で」などのお色気路線ブームに乗っかって制作されたようですね。ちなみにこの作品は最初にも書いたようにガッツリ18禁なので、18歳以下のお友達はダウンロードしないように!(ぱすた)






【ラザラスの贄:制作者、天城シン様:ダウンロード

廃墟探索ホラーゲーム。なんの説明もなしにいきなり民家からスタートし、おばあちゃんの置手紙と新聞記事を読んでなんとなく世界観を把握する。主人公は廃墟に行き、そこから別の部屋に行こうとすると顔の横から足が生えている怪物に出会う。この怪物から逃げつつ本作の舞台を理解していくゲーム。恐怖対象の怪物がヌルヌル動くせいで怖くもなくAIが賢くないので回避も楽で、ただただ無駄に発生しているようにしか見えなかった。こいつらがホラー要素だというのであればもう少しランダムに動くように設定したほうが良かった。主人公の正体もtrueエンドでわかるにはわかるけど、あまりにもパズルが少なすぎてよくわからん。次回作で狂った夫とその妻の話に触れるらしい。それならもう少し今作は主人公に絡めた話の展開でも良かったんじゃないだろうか。(稲)

拍手[0回]




どうも、稲です。


本日紹介するのはこちらのゲーム↓



【柳太郎伝記~奇住山編~ :制作者、鯉心様:ダウンロード







柳太郎伝記の第3弾目にしてやっとプレイ
前作2つをプレイしてなくても、世界観に入りやすく親しみやすかった

今回の話の構成として、前後編に分かれている
前編の話は掛け軸の世界に迷い込む話である。
後編の話は餓鬼の封印にまつわる話である。


【前編の特徴】
・掛け軸に入る演出がしびれた
めっちゃかっこいい。そしてゲームの期待度が数倍跳ね上がった。

・内容
探索で時々避けゲーみたいな感じである。
避けゲー部分は稲自身が下手だからくそ!とかは言わないけど、
最後の逃げるのは辛いものがあった。

・ストーリー
事の顛末自体は普通にある話だとは思った。そこに関して言えば破綻もなくすんなり読めた。が、掛け軸の世界だからなんでもありなのであろうが、黒幕の力がよく分からなかった。餓鬼の影響なのか、それとも、もともと掛け軸に何か細工が仕掛けられていたのか…。別に本編で重要ではないのだろうけどその辺が気になった。









【後編の特徴】
・ぶっちゃけ蛇足である
掛け軸が手に入ったのも餓鬼とぶつかったからって理由にしては、後編とのつながりが希薄すぎると思う
掛け軸の世界がハッピーエンドで心地よく終わったと思ったら本編開始から張られてた伏線を回収しにいかなくてはならない
実際問題、前編の作りがよく、そこに意識が没入してしまったので蛇足感が増してしまった気はある。
気持ちを新たに入れなおすように、奇住山編は前後編で分けてアップしてくれたほうがプレイするほうもよかったのではないだろうか。


・システム
 明菜ちゃんと雪ちゃんパートで別れる
 それぞれのキャラクターの特徴を生かして、探索を行える点は良いと思った。
 ただ、明菜の最後のほうの陰陽道の力はヒントが少なすぎて適当にやったら解除出来てしまったので、もう少しヒントがほしいところ。

【全体を通して思ったところ】
・システム
着物を着替えて柳太郎の技が発動するのは、すばらしいアイディアだと思う。
しかし、それを手に入れるくだりは後編にねじ込めなかったのだろうか。
わざわざそれを使った仕掛けを前後編で分ける必要性を感じなかった。

・キャラクター
 全員が全員、ちゃんとしたキャラ立てがしてあってよい。
短いやりとりの中に彼らの関係性や特徴がわかりやすい。







◎総評

ストーリー 6.5/10
遊びやすさ 6.5/10
演出    7.5/10


計 20.5/30.0



それでは次回までごきげんよう

拍手[0回]

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [HOME]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ぱすた
性別:
非公開
自己紹介:





何かありましたらこちらまでご連絡を↓
ukashita◆gmail.com
※◆を@に変更してお送りください。





フリーエリア
最新コメント
[07/20 あいす]
[05/27 ぷにっこ]
[03/15 名無し]
[08/01 NONAME]
[02/22 NONAME]
カウンター
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 床下からごきげんよう. All Rights Reserved.