忍者ブログ
ジャンルを問わず、気になったことについてユルく書いてくブログです。ぱすたと稲の2人で記事投稿しています。


どうも、ぱすたです。


本日紹介するのはこちらのゲームです↓





【狂い月:制作者、3色ぱん様:ダウンロード




月の光に狂わされたのは…




普段と変わらない高校生活を送る主人公は幼馴染みの誘いで
部活動に参加する予定だった。

だが、クラスメイトが持ちかけた≪幽霊屋敷≫の噂話に巻き込まれ、
4人のクラスメイトと共に屋敷へと足を踏み入れる。

その場所に秘められた真実も知らずに――
(ふりーむ!紹介文より引用)





あらすじは上述の引用の通り。
呪われた屋敷へと足を踏み入れた主人公が、そこからの脱出を目指すゲームとなります。

まだ2016年が始まって3か月程度ですが、さっそく傑作と出会ってしまいました。

結論から言いますと、今作はかなりのクオリティを誇る作品です!

グラフィック、ゲーム中のギミック、ストーリー構成など、すべての点で高い水準を満たしたホラーADVでした。細部の演出まで気が行き届いていてゲームに引き込まれました。とにかく素晴らしいの一言に尽きます。


では、もう少し具体的に内容に触れていきます。

まず目を引くのがゲームの顔となるタイトル画面、及びオープニングムービーです。

一目瞭然ですが、綺麗なグラフィックですよね。

フリーゲームはイラストのクオリティでだいぶ印象が変わりますからね。絵を見て思わずダウンロードしてしまった方も多いのではないでしょうか。


ただ、このゲームは表面だけ美人なわけではありません。

「謎解きサスペンスホラー」と銘打つだけあって、謎解き部分にも趣向が凝らされています。

単調な数字の暗号やなぞなぞにとどまらないオリジナリティある仕掛けがあって新鮮な気持ちでプレイ出来ました。特に防火扉の仕掛けは緊張感もあり、なかなかスリリングでした。

また、探索パートが現実の時間とリンクしているのも新しかったですね。

よく「最初に30分与えられて移動ごとに5分減る(実質6回移動可能)」みたいな時間制限があるゲームはありますが、このゲームでは序盤の探索パートの制限時間がリアルタイムでカウントされていく仕組みとなっています。これは何気に斬新ですよ。

別行動するクラスメイトとメモを通じてやり取りするという展開も他ではあまり見ないものでよかったです。


ストーリー展開が秀逸で、話に飽きずに最後まで読み進められたのは個人的に高評価。
脅かし要素もちゃんと怖がらせてくれましたし、まさにホラーADVといったところ。

呪いの発端となった御影氏、次に屋敷にやってきたモンレオーネ氏、そして現在の所有者である速水氏という3つの世帯、そして記憶を失っている主人公の4つの背景を上手く織り交ぜて立体感のある展開にしていたのがよかったと思います。

見せ場も多くあり、ビジュアル面でも怖い&面白い展開が続くのも好きですね。

オチも見事な決まりようで恐れ入りました。


これは今年度最優秀作品のひとつに名を連ねること間違いなしのゲームですよ!

ふりーむ!ダウンロードランキングではすでに1か月以上に渡って上位をキープしているので、チェック済みの方も多いと思いますが、まだ未プレイ、もしくは未クリアであれば、ぜひ最後までプレイしていただきたい作品です。


拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
[120]  [119]  [116]  [115]  [114]  [110]  [108]  [113]  [107]  [112]  [104]  [HOME]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ぱすた
性別:
非公開
自己紹介:





何かありましたらこちらまでご連絡を↓
ukashita◆gmail.com
※◆を@に変更してお送りください。





フリーエリア
最新コメント
[07/20 あいす]
[05/27 ぷにっこ]
[03/15 名無し]
[08/01 NONAME]
[02/22 NONAME]
カウンター
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 床下からごきげんよう. All Rights Reserved.