忍者ブログ
ジャンルを問わず、気になったことについてユルく書いてくブログです。ぱすたと稲の2人で記事投稿しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※「床下からON AIR!」は3月某日に録音されたラジオ企画だったのですが、

あまりの出来のひどさにお蔵入りとなったものです。


せっかくいろいろと伝えたいことがあったのに…と惜しい気持ちがあったので今回、ぱすたと稲の会話を書き起こし、ブログに掲載することでこの企画を追悼しようという次第であります。

失敗企画よ、安らかに眠れ…。



というわけで、第1回「床下からON AIR!」はフリーゲームについてあれやこれや語ったものとなります。

ぱすたの発言は 

稲の発言は 

と表記しています。

非常に長いうえに、たいした内容もないのですが、もしよろしければご覧ください。


※これは後篇です

前編も合わせてごらんください。


--------------------------------------------------------------------

<床下から掘り出し物>


ぱ:続いてのコーナーに参りましょう

ぱ:このコーナーでは、優れた作品なのにあまり大きな話題にならなかった作品にスポットを当てていきたいと思います。今回取り上げるのは2014年3月に公開されたフリーゲーム「三途オブリバティ」です。

い:ちょうど1年前くらいだな

ぱ:そうですね。この「三途オブリバティ」はネット掲示板に集まった9人のクリエイターによる合作なんですけど、公開されてすぐダウンロードしましたよね、稲さん。

い:したした。一目でなんだこれは?って思ったもんね。


「三途 of liberty」


ぱ:そう、このゲームは設定がとても面白くて、高齢化社会をなんとかするために老人を根絶やしにするっていう使命を背負った主人公の物語があるんですよ。それで、主人公がその殺しに使う道具がOld Man Muder 0type invention、通称おもちっていう笑

い:ひどいよな。不謹慎極まりない。

ぱ:でも、非常にバカバカしくて面白いという笑

い:そうだな

ぱ:タイトルからして、わかる人はわかると思うんですけど、「三途オブリバティ」って、メタルギアソリッドのパロディなんですよね。実際、ゲーム内容も敵に見つからないようにステージを進むっていう、メタルギア風なゲームなんですが…。

い:やっぱり掲示板発の企画だけあってパロディとか小ネタが充実してるよな

ぱ:そうですね。元ネタがわかればニヤリとしてしまうような場面も多いです。所謂バカゲーになると思うんですけど、このゲームの良いところは無駄にクオリティが高いってところでしょうね。

い:バカゲーなのにクオリティが高いってのがまた笑えるよな

ぱ:BGMとか、キャラグラとか、素材に頼りつつもオリジナリティがあって良かったです。

い:BGM超カッコいいんだよ。特に最初のジャズっぽいやつとか、CD出してほしいレベル。

ぱ:もちろんゲームとしても楽しかったですよね。実際にプレイしてクリアした稲さん、どうでしたか?

い:いや、これさ、おもちをじじいに食わせるために、じじいたちの目を盗んで台所まで行って脱出するゲームなんだけどさ、めっちゃ難しいんだよ。ステージ上のじじいの数がおぞましいし、配置もいやらしくてさー。

ぱ:高速移動するじじいはいろいろな意味でズルいですよね笑

い:じじいに見つかるとゲームオーバーなんだけど、ボイスが流れるんだよ。これがすげぇイライラするの。なんでそこにボイス付けたんだよっていうのもあるし、じじい役の声優の下手な演技がツボに入るんだよね笑

ぱ:無駄にセリフのバリエーションがあるのもまた笑

い:「月に代わっておしおきじゃあ~~」みたいな

ぱ:(爆)

い:ストーリーも意外としっかりしてるよな

ぱ:高齢化社会を適当に皮肉るのかと思ったらまさかの超展開でしたよね

い:これはぜひ最後までプレイしてほしいな

ぱ:ですね

い:ただ、このゲームさ、重かったのが大変だったわ。ステージが進むとじじいの量が増えてさ、高速移動とかもし出すじゃん。そうするとさ、処理落ちしてさ、うまく動けないんだよ。そのせいで避けられるじじいも避けれなかったりしてかなり萎えた。

ぱ:それは稲さんのスペックの問題じゃないん…

い:せやな…

ぱ:ちなみに一番印象深いステージは?

い:飛行機のステージ。リクライニングシート?で縦横無尽に動き回るじじいには戦慄した。

ぱ:どんな状況だよそれ

い:まぁ、全体的に突拍子もなくて面白かったよ

ぱ:床下は基本的にバカゲー大好きですもんね

い:そうだな。考えさせられるゲームもいいけど、やっぱ気楽に遊びたいよな。

ぱ:そんなわけで「三途オブリバティ」、おもちがネタなので季節外れではありますが、ぜひプレイしてほしいですね。

い:おすすめです。ただ、なかなか難しいゲームなので覚悟して挑んでください。

ぱ:歯ごたえのあるアクションが好きな方、挑んでください。

い:あ、このゲームを作った9人のクリエイターの皆さん、よかったら続編作ってください。超待ってます。

ぱ:では、以上、床下から掘り出しもののコーナーでした。

--------------------------------------------------------------------


<床下から…言わせて!>


2014年末に投稿されると瞬く間にフリーゲーム界トップの座に躍り出た2015年最初のヒット作品、獄都事変。動画サイトでの実況が火付け役と思われますが、ゲームに登場するキャラクターたちのビジュアルや、彼らが繰り広げる軽妙なやりとりが人気を呼び、二次創作が多く作られる等、非常に話題の作品となっています。これまでも高い人気を誇り、話題となったゲームは数々ありましたね。最近は多くなりましたがノベライズ化やコミカライズ化など書籍化する作品、そして映画化する作品までもが誕生しているわけですが、獄都事変もそんな作品たちの通った道を順調に進んでるのではないでしょうかね。まさに獄都事変の時代が到来!なわけですが、この現状に待ったをかける狸がいました…




い:俺だよ

ぱ:稲さんでした

い:おう

ぱ:というわけで、続いてのコーナーになりました。

ぱ:このコーナーでは普段は流行なんてお構いなしの稲さんが、実は言いたくてしょうがなかったことをズバッと言っちゃいます。今回は最近のフリーゲーム界について言いたいことをズバッと言ってもらいましょう。

い:というわけで、獄都事変だよ、獄都事変。

ぱ:ほんと人気ですよねー…右も左も獄都事変って感じで。ここまでブレイクしたらプレイしとかないとな、ってのがありますよね。フリーゲームについていろいろ語ってるわけだし。

い:そうだな。

ぱ:むしろ今までプレイしてなかったんですか?

い:いや、冒頭だけはプレイしてたんだけどさ。絵が好きな感じだったからすぐダウンロードしたけど、最初だけプレイしてね…うん…

ぱ:なんか意味深

い:世間の大絶賛とは裏腹な…ね…

ぱ:とりあえず、やっぱりキャラクターは魅力的だったんだよね?

い:まぁ、実際、ブレイクしてるのはそこが理由だろうしね

ぱ:ただ、肝心のゲーム内容はそうはいかなかったと

い:正直、前もって絶賛だらけのレビューを読んでたからハードルが上がってたってのもあるかもしれないんだけど、まぁ、そのハードルを越えることはできなかった作品だったよね

ぱ:みんなレビューでは「すごい!このゲームは面白い!」って言ってましたもんね

い:そう、その割にはまぁまぁまぁまぁ…ちょっといただけなかったよね

ぱ:目立った欠点とかがあったんですかね

い:うーん、なんというか、まずアドベンチャーゲームとしてどうなの?って思うところはいろいろあったよね。話しのボリュームや仕掛けの割に広すぎるマップにフラグ管理がされていないイベント…厳しかった。

ぱ:最初の学校の廊下のところね…確かにあそこは延々と彷徨う羽目になりましたね。

い:一応、作者さんのHPには攻略が書いてあるから見ればいいんだけどさ、ゲームって攻略見ながらやるものではないよね?どうしてもここが出来ない!助けて!ってなったら仕方なく見るものじゃん?

ぱ:まぁ、確かに

い:もっとゲーム中にもヒントを散りばめるべきだったと思う。

ぱ:そうですねぇ

い:あと、ストーリーに関しても粗が目立ったなと思った。そもそも獄都事変って獄卒たちが女の子の亡者を捕まえるためにあとを追ってそこでいろいろ起こるって話なんだけどさ。最初の学校のステージでは亡者とは関係ない亡霊?がいて、そいつを倒すために鏡の世界にいくことになるんだけど、この亡霊、何か意味があるのかと思いきや、ストーリーにはまったく関係ないという…。え、この亡霊なんだったの?っていうね。

ぱ:女亡者は現世に恨みを持ってるらしいので、亡霊はそれに付け込んで悪事を働いてる、みたいなストーリーかと思いきや、ただの七不思議的な幽霊だったみたいですからね。なんじゃそりゃっていう。

い:それで、女亡者の話がストーリーの軸なんだけどさ、亡者化した動機が弱いんだよね。ゲーム中に金具を拾い集めることで、女亡者の生前の記憶を辿ることが出来るんだけど、もっと心理描写が欲しかったというか、感情移入させてくれる演出が欲しかった。

ぱ:平坦な話でしたもんね

い:金具はネックレスのパーツだったわけだけど、そこまで重要な役割を果たすアイテムだったかなー?って。

ぱ:ネックレスがどれだけ生前の女亡者を救ったのかとか、ネックレスをくれた友達とのエピソードとかをもっと掘り下げてほしかったよね

い:結局、キャラありきのゲームだったのか、とがっかりしたのが正直な感想だね。

ぱ:グラフィックとか演出は丁寧だと思いましたけどね。

い:確かにね。でも、アドベンチャーゲームである以上、ゲーム性も重視するべきだよね。仕掛けであったり、話運びであったり、いろいろあるけど。もっとやりようなかったのかなーって。

ぱ:ハードルが上がり過ぎた故に悪く評価せざるを得なかったというのもありますね。

い:そうだね。もしも、これがサウンドノベルとかだったらもっと評価できたかも。キャラは魅力的なわけだし、もっとストーリーを充実させてくれればいいノベルゲームになったんじゃないかな。

ぱ:ノベルゲームにすればもっと細かく描写出来たろうし、キャラもより活きたかもね。

い:やっぱり最初の学校の亡霊が必要なかったんじゃないかなと思った。てか、学校が舞台なのもわからん。

ぱ:女亡者が学校にトラウマがあるから?って思うけど、そこまで学校に対するエピソードが無いからなんで?って思っちゃいますよね

い:そんなわけで、今のフリーゲーム界を代表する獄都事変に対して言いたいことをぶっちゃけちゃいました。

ぱ:いつも以上に毒がありましたね。

い:うーん、なんていうかさ、ここまで獄都事変が人気ゲームになったのはやっぱり動画サイトの実況の力が大きいと思うんだよね。それはいいんだけどさ、結局、動画だけ見て実際にプレイせずにゲームの評価を下してる人が多いと思うの。人気実況者がプレイ=面白い作品みたいな。

ぱ:あー、確かに。ツイッターでも「〇〇ってゲームは面白い実況がないからクソゲーだわ」みたいな仰天の呟きを見たことあるわ。

い:獄都事変を高く評価してる人も、そういう影響なんじゃないかって。ほんとにちゃんとプレイしたのかな、みんな。

ぱ:やっぱりゲームはプレイしてなんぼですよね

い:実際にプレイしないとわからないことはあると思うし、実況じゃ感じられない面白さってあると思うんだよね。自分でプレイしてこそ味わえる感動とか、臨場感とかね。

ぱ:フリーゲームクリエイターの人たちもフリーゲームを実況者にプレイしてもらうために作ってるわけではないでしょうしね。ゲームを作りたい、誰かに遊んでほしいって思ってると思います。

い:俺たちがゲームレビューしてるのもこんな面白いゲームがあったよ!みんなもやってみて!って紹介したいって想いでやってるしな。やっぱ自分でプレイしてほしい。

ぱ:実況見ちゃったらプレイしない人も多いだろうしね。もちろん実況のおかげでフリーゲームの存在が大きくなってるのは事実なので、それは良い部分だと思いますけどね。

い:良い部分もあれば悪い部分もあるよね

ぱ:これからどうなればいいと思いますか?

い:実況で完結しないようなゲームが誕生することに期待。あと、実況者がフリーゲームにリスペクトを持って、視聴者にプレイをさせたくなるような実況プレイをしてくれればなって思うかな

ぱ:そうですね。面白いゲームがムービーとして消費されるんじゃなくて、ゲームとして評価されることを願うばかりですね。以上、床下から言わせて、のコーナーでした。

--------------------------------------------------------------------


<エンディング>

ぱ:はい、というわけで、ここまでお送りしてきた「床下からON AIR」でしたが、そろそろお別れの時間となりました。初のラジオでしたがいかがでしたか、稲さん?

い:最初そんな喋ることあるかなーとか思ってたけど、案外喋れて良かったわ

ぱ:意外と喋ったよね

い:たくさん喋れた…というか、普段文章で伝えられなかったことを、声で伝えられたかなって思う

ぱ:でもさ、これくらいしゃべれるなら普通にそれを文章に出来るんじゃ?

い:無理

ぱ:なんで

い:なんかさ、文章にすると自分はわかっても他人がわからないみたいなものになるんだよね。自分はプレイしてるからここはこうで、あそこはああで…って書くけど、プレイしてない読者はちゃんと意味わかるかな?って思っちゃうし、どこまで詳しく書けばいいかわからないわ

ぱ:難しく考えすぎなんじゃないの

い:いや、だって読むでしょ?読むよね?

ぱ:え、何が?何を言ってるんですか?

い:いや、まぁ、文章は苦手です(キリッ

ぱ:結論それ…まぁ、2015年は頑張って書くんですよね?

い:頑張る…けど…

ぱ:まぁ、レビューなんてたかだか1000文字もないような文章だし、その気になれば書けるよね

い:それができないからレビュー出来てないんでしょ、なんでわからないの

ぱ:(逆ギレだ…)じゃあ、とりあえず1週間に1本はレビューを書k

い:今回はフリーゲームに焦点を当てたラジオになりましたが、もし2回目もあればもっと幅広く話せればいいなと思います。

ぱ:あの、1週間n

い:今後も床下はいろいろなことに目を向けて更新していきたいなと思っていますので、2015年もどうぞよろしくお願いします

ぱ:なんか急に台本読みだしたよ、この人…急に台本を…

い:はい、というわけで、ここまでラジオをお届けしたのは稲と

ぱ:え、えぇ…はい、稲さんが急に台本を読み始めたので、なんか締めるみたいです。

い:ここまでラジオをお届けしたのは

ぱ:ぱすたと

い:稲でした

ぱ:それではまた次回まで

:ごきげんよう




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
[81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [HOME]
ブログ内検索
プロフィール
HN:
ぱすた
性別:
非公開
自己紹介:





何かありましたらこちらまでご連絡を↓
ukashita◆gmail.com
※◆を@に変更してお送りください。





フリーエリア
最新コメント
[07/20 あいす]
[05/27 ぷにっこ]
[03/15 名無し]
[08/01 NONAME]
[02/22 NONAME]
カウンター
忍者ブログ / [PR]
/ Designed by 日常のつぼ
Copyright 床下からごきげんよう. All Rights Reserved.